arbos online seminner2021

 2019年12月に中国湖北省武漢市で端を発した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は全世界に拡大し、世界全体の感染者数は1憶8千万人を超え、6月末現在の死者数は約394万人に達しました。
 また、我国においても東京都に4回目の緊急事態宣言が発令されるなど、現在も大きな社会混乱が生じています。その様な中、各国でワクチン承認・接種が進み、また国内でも医療従事者から始まったワクチン接種の総接種回数が約5,700万回(2021年7月8日現在)と、明るい兆しもあります。
 本セミナーでは、今後も遭遇すると予測される新たな感染症に対し、私達は「どのような心構えと備えが必要か」、足掛け3年に及ぶ新型コロナウイルス対策の経験を踏まえた上で、最新の情報を専門の先生にご講演いただきます。
 多くの皆様のご来場をお待ちしています。

演題
新たな感染症への備え
―新型コロナウイルス感染症を経験した私達はどのような心構えと備えが必要か―

講 師

岡部 信彦 先生(おかべ・のぶひこ)

川崎市健康安全研究所 所長
医学博士
 

1971年、東京慈恵会医科大学卒業。
米バンダービルト大学小児科感染症研究室研究員、国立小児病院感染科医員、
神奈川県衛生看護専門学校付属病院小児科部長、WHO西太平洋地域事務局伝染性疾患予防対策課課長、東京慈恵会医科大学小児科助教授、国立感染症研究所
感染症情報センター センター長などを経て、2012年から現職。

厚生科学審議会新型インフルエンザ等対策小委員会 委員長、厚生労働省国内麻疹風疹排除認定委員会 委員長、内閣官房新型インフルエンザ等対策有識者会議検討会議 委員長代理、内閣官房新型コロナウイルス感染症対策分科会構成員、WHO西太平洋地域事務局ポリオ根絶評価委員会 議長など多くの委員を務める。

igimi

コーディネーター

仲西 寿男 先生 (なかにし・ひさお)
医学博士
前 一般財団法人日本食品分析センター大阪支所学術顧問
元 神戸市環境保健研究所細菌部長
日程
 2021年11月5日(金)15:30~17:00(予定)
会  場
オンラインセミナー

(パソコン、タブレット、スマートフォンで簡単にご参加いただけます)

定  員
500名
 
参加費
無料
お申込み方法
登録フォームからお申込みください
オンライン
2021年11月5日(金)   btn_申し込み

※ご登録後、お申込み完了のメールをお送りします。
※配信日前日(11月4日)に、オンラインセミナー参加用のURLをメールでお送りします。
※定員になり次第締め切りますので、お早めにお申込みください。
※お申込み状況により、企業、行政の危機管理ご担当者を優先させていただく場合が
 ございます。予めご了承願います。

※個人情報はセミナーの参加登録と案内及び商品情報等の提供にのみ利用します。

お問い合わせ先

セミナー事務局

〒541-0051 大阪市中央区備後町2丁目4番9号(日本精化ビル)
TEL.(大阪)06‐6204‐0800
※電話番号は、おかけ間違えのないようにお願いいたします。